PROGRIT

PROGRIT Inc. ALL RIGHTS RESERVED

NEWS

2020.6.8

  • プレスリリース

英語スピーチ添削サブスクリプションサービス 「スピテン」が6月8日より受付開始

PRESS RELEASE

報道関係者各位

株式会社プログリット

2020年6月8日

スピーキングの添削が毎日受けられる!

英語スピーチ添削サブスクリプションサービス

「スピテン」が6月8日より受付開始

~レベルと目的に合わせたスピーチ添削サービス~

 

株式会社プログリット(本社:東京都千代田区有楽町、代表取締役社長:岡田 祥吾)は、2020年6月8日(月)より、毎日英語のスピーチ添削を受けることができ、スピーキング力の向上を図ることができる新サービス「スピテン」をスタートすることをお知らせいたします。スピテンは、利用者のスピーキングにおける課題を分析した上で、各個人のレベルや英語を話したいシーンに合わせた、正しい学習方法を実践・継続するスピーキング力向上トレーニングです。

 

 

■ 90%がスピーキングに課題感を抱いている

英語にはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティングの4技能がありますが、その中でもスピーキングが課題であり伸ばしたい能力であると考えている人は90.5%にのぼります(当社調べ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000020729.html)。スピーキングスキルはビジネスなどで必要性に迫られる場面が多いため、多くの方々が課題感を抱いているといえます。また、スピーキングスキルを測る試験であるVERSANT®は4年間の累計で20万人以上が受験しており、スピーキングに対する意識が日々高まっています。

英語でスピーキングをしているとき、脳内では何を言おうか考える「概念化」、考えたものを基に英語の文章を作る「文章化」、文章化した英語を口から発音する「音声化」の3つのプロセスが行われています。人によって、これら3つのプロセスのうち、課題があるプロセスや対処法は異なります。当社では、スピーキング力が多くの英語学習者の課題であること、言いたいことが言えずに英会話スクール等での授業を受けてしまっている人がいることを受け、上智大学 言語教育センター長の吉田研作教授の監修の下、個人ごとのスピーキングの課題を分析し、適切なレベルのトレーニングを実施する「スピテン」のサービスを開始する運びとなりました。

 

■ サービス概要

「スピテン」は英語のスピーキング力向上に特化した、毎日英語のスピーチ添削を受けることができる月額サービスです。第二言語習得論に基づいた理論でプロのスタッフが利用者ごとの課題をオリジナルのチェックテストを用いて分析。利用者のレベルや話したいシーンに合わせてスピーチ課題を提案。1分間の自己紹介など、毎日届くスピーチ課題について英語で話し、録音していただきます。録音した音声はチャットアプリを利用して当社の専門スタッフ宛に送信。24時間以内に添削結果をお返しします。当社の専門スタッフと毎日のやり取りがあるので三日坊主で終わらせずに継続した英語学習を行うことができます。

スピテンを活用してスピーキング力を向上させることによって、英会話スクールに挑戦する前の基礎ができるだけではなく、ビジネスシーンや旅行における英語でのコミュニケーション能力の向上を図ることができます。

 

<料金プラン>

月額:19,800円(税別)

6ヶ月プラン:106,800円(税別)

※1週間の無料体験期間を設けております。無料体験期間中はいつでもキャンセル可能です。

 

<お申込方法>

以下URLのお申込専用フォームに必要事項をご入力ください。

https://www.supiten.com/

 

プレスリリースの詳細はコチラをご覧ください。

▼スピーキング添削が毎日受けられる!英語スピーチ添削サブスクリプションサービス「スピテン」が6月8日から受付開始

 

 

≪本件に関するお問い合わせ≫

株式会社プログリット 広報担当:桶本(おけもと)

TEL:03-6381-7760 Email:pr@progrit.co.jp

ARCHIVE